【妊活鍼灸・自由が丘】妊娠しやすい高温期


こんにちは。

すこやか鍼灸治療院です。👩🖐


今日のお話は「妊娠しやすい高温期」についてです。



皆さんの中で、低温期になると便がゆるくなったり、高温期になると便秘になる方はいらっしゃいますか?😣💦


また高温期に便秘気味になる方で、ニキビも出てしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。😢



高温期は子宮が収縮しないので、着床しやすい状態を作っています。

大腸も子宮と同じような神経支配なので、高温期では収縮力が弱まり、便が硬くなります。


便秘になり便が溜まってくると、ひどい場合には毒素が溜まってきて、毛穴に毒素が引っかかってニキビになってしまいます。😨💧


逆に低温期は子宮が収縮するので、大腸も収縮して、溜まっていた便も出してくれます。😊


これが生理周期で変化する便のカラクリですね。💡✨



ところで妊活に必要なミネラルの一つに亜鉛があります。

これは体を作るタンパク質の合成や遺伝子に関わるとても大切な栄養素です。👶✨


これの作用を邪魔するのが水銀で、大きな魚(マグロとか)や、土壌にもあるので穀物にも入っています。🐟

妊活には大敵ですね ❗ 🙅‍♀️


この体に溜まった水銀を出してくれるのが、便なんです。



妊娠初期は不安定な状態なので、お腹が冷えてしまうと、大腸も子宮も収縮して受精卵を出そうとする働きがあるので、要注意です ❗ 🤰


夏場は特にお腹が冷えやすいので、気を付けてお過ごしください。🌈✨



予約やお問い合わせはこちらからどうぞ📩


当院では感染防止に努めております

閲覧数:7回